GWに強行軍で国営ひたち海浜公園のネモフィラを超快適に見てきた話

2019/05/15

旅行気分

t f B! P L

俺だってネモフィラを直に見てみたい!

昨今、かなりテレビや雑誌などで話題になっとりますな。国営ひたち海浜公園のネモフィラ!
小ぶりな青い花を咲かせる植物なんだけども、まぁこれが見事に野原一面に植え付けられていてキレイだと、まぁそう言い伝えられておるんですわ、国営ひたち海浜公園には。



写真で見たら確かにキレイ。
でも、写真だけじゃ伝わらない!
俺だって実物見てみたい!

そう思ったって仕方ないよね。
というわけで、GWを利用して見に行ってみようと計画したんだけども……。

しかし地獄のような混雑が待っているらしい

調べてみると、どうもGW中は駐車場が 8:00 で満車になる勢いらしい。
駐車場が満車になってしまえば、入庫待ち行列は全く前に進まないだろう。そんな列に並ぶ苦行はしたくない。

しかし 7:00 に茨城の勝田に到着するには横浜の自宅を 4:00 に出発しなければならない。
そりゃさすがに無理。
1 歳児抱えて 3:30 に起きて 4:00 に車に乗り込むなんて芸当できる? できないできない。無理だって。

そこで電車(ローカル線)を使うプラン

勝田駅から国営ひたち海浜公園まで、ローカル線の「ひたちなか海浜鉄道」が繋いでいるじゃないか。
渋滞知らずの電車で行けば問題なかろう。
ただし 1 歳児がいる関係上長時間の電車移動はしたくない。

まず車で勝田まで行き、駐車場に停める。
そこからローカル線で公園に行くというプランが最高じゃないか? 俺は天才なんじゃないか? 現人神一歩手前なんじゃないか? と恍惚の表情を浮かべながら GW を待っていたんだよ。

実際地元の人間複数に聞いてみたところ、渋滞避けるんならいいプランだね、といったリアクションだったのでこのプランで行こうと半ば決まったワケ。

いざGW突入

茨城旅行プランを嫁さんとも共有し、よしよしそれなら行けそうだね、なんて話し合ってさ。
5/1 あたりに行こうと日付まできめちゃって。
もう俺の心は楽観論が支配していたんだけども。

しかし嫁さんはその後も情報収集を怠らないタイプだった。

twitterでの高度な情報戦

4/28 、つまり GW 2 日目、雲行きが怪しくなる。
嫁さんが twitter 検索をしまくって集めたネガティブ情報の数々が我々を打ちのめした。


それでは twitter での国営ひたち海浜公園の GW の状況を発表します

ほほぅ、なるほど

「高速は三郷から水戸までずっと渋滞、 4 時間以上かかった」

4 時間……

「シャトルバスもひたちなか海浜鉄道も大混雑」

え、ローカル線もダメなのか……

「公園が開門を 7:30 に早めざるを得ないほど早朝から並んでる」

……

「ネモフィラの植わっている『みはらしの丘』が、とにかく混雑しており写真撮るのも一苦労」

えーと……我々の目的は達成できるのですか? 1 歳児を連れて……

楽観してた俺、たまらず白目。
それを見て嫁さんも白目。

「こりゃダメだな」

諦めの良すぎる俺がまずギブアップ。
嫁さんも不本意ながら同意してしまい、結果ネモフィラ鑑賞はお流れに……と思われた。

4/30 の関東の天気は大雨

そもそも前日白目になって諦めたネモフィラ。
4/30 はそれに加えて大雨となり、当然出かけるでもなく家で過ごす。連休でもないと出来ないので、今日は家の中を大掃除!

家の中を大掃除してクタクタになったので俺も嫁さんも子供も一緒に昼寝。最高の連休!
15:30 に寝始め、 16:15 少し前に嫁さんが起きてスマホぽちぽちし始める。
程なくして僕も目を覚ます。

起きしなの僕に嫁さんが語りかける。
ここから茨城ってどれぐらいかかる?

何を言っているのか意味が分からず
……遠いよ。 4 時間ぐらいかかる
とか適当な事答えて。実際は 3 時間ぐらいで着くはずだけど。寝ぼけてる割には正解に近い方だろ、うんうん。

ともかく嫁さんは、その答えを聞いたらまたスマホとにらめっこを開始。
次の句がその口から紡がれるまで、約 2 分。

今から茨城いこう

え、今からですか?

こんな夕方に何を言い出しているんだこの人。待てよ、俺が寝ぼけて聞き間違えただけかな? 俺が確認する。
今から茨城にいく?

ザ・オウム返し。
かなり知能の低い返答をして、ただ相手の返答を待った。口を半開きにしながら。

今から行けば道路空いてるでしょ

つまり今から行って向こうに泊まるの?

そう

でもGWまっただ中に、観光地近くのホテルが空いているワケ……

ビジネスホテルのツインルームが1つ空いてるの見つけてある

……へぇ~(;´∀`)

だからコイツ昼寝から目覚めたらすぐにスマホぽちぽちしてやがったのか。まったく抜け目ない女狐が!

なんて事は当然これっぽっちも思ってませんけども、語呂が良いから書いただけでね。これっぽっちも思ってないから。これっぽっちも。

わずか20分で家を出発

そこからがとにかく早かった。
楽天トラベルで予約するとポイントが付くんで、俺のアカウントでホテル予約。
予約完了まで10分。

その間、嫁さんは子供の飲み物、おやつ、全員の着替えを準備。
ビジネスホテルのツインルームで夫婦+ 1 歳児が寝るため、念の為 1 歳児用の布団をまとめて車にドカン。

次に身支度に 10 分。
部屋着を着替えて歯磨きして、子供を着替えさせてチャイルドシートにドカン。

占めて 20 分で出かける準備を完了させて、車のエンジンをドカン。

ドカンドカンと物事は進み、昼寝から起きてわずか 20 分で私は車の後部座席に座っていたのであります。

嫁さんがやけにノリノリ

嫁さんがナチュラルにハイになってるのか、ノリノリな声で宣った。

大丈夫、私が運転するから休んでて!

心意気はいいんだけど、キミ今年の始めまでペーパードライバーだったやんか。
横浜から茨城の勝田までをナビに入れてるけど、当然そのルートは首都高通過ルートだよね。
首都高クソルート
ペーパードライバーにそのルートはマジでオススメしない

それも浜崎橋JCTと箱崎JCT通過して、さらに小菅JCTを通過するという、おおよそ首都高東部のクソJCTを総ナメするルートやんか。

死ぬで。キミだけでなく我々全員。

横浜新道でひーひー言ってるキミに首都高はまだ早いって。
というわけで比較的楽なルート(湾岸線からC2通って小菅JCT)を通れるように後部座席から逐一指示する事になり、全然休まらないあたくし。

まぁでも日頃の鍛錬のおかげか、夜の高速道路でもなんとかなってるので三郷過ぎてからはナビまかせにして俺はゴロゴロ。
はー、やっと休める。
いくらC2が走りやすいとはいえ、首都高は見てるこっちが緊張しっぱなしだぜぇ。

ねぇ、暇なら晩ごはんの場所リサーチして

この車内に私の心休まる場所というのは存在しない事を思い知らされたのであった。

常陸牛の燻製ハンバーグというのがうまい

いくつかリサーチした結果、1歳児がいても大丈夫そうな「Little Linda(リトル リンダ)」という所に行ってみようと提案。
電話で混雑状況を確認しろと言うので、ちゃんと確認もした。



このお店は常陸牛使用のハンバーグにこだわっているとかなんとか。
実際かなりおいしくてビックリ。言っちゃなんだが、こんな片田舎にこんなおいしい店あるんだなぁと新鮮な驚きがあったよ。
燻製ハンバーグってのは、確かに燻製の香りが口の中にふわっと広がって咀嚼するたびに良い気持ちになったわ。不思議な感覚。

大人も子供も幸せに満腹になったので、いざ宿へ。

寝るためだけの宿

旅の者ですが、一晩泊めていただけませんでしょうか……。雨風がしのげれば、納屋でも構いませんので……。
という気持ちを胸に秘めながら、ビジネスホテルのフロントで記帳。

実際には納屋より断然良くて、どこからどう見てもビジネスホテルの一室に通された。
なんて歓待ムードだろうか。客人として下にも置かぬ扱いである。
まぁ客だからなんだが。

21:00 頃部屋に入って、即寝る準備。
子供用の布団を車に積んでみたのはいいものの、小雨降る展開で部屋に持ち込む気力が沸かず。
ダブルのベッドで 3 人で寝るという決断を下したんだけども、まーーー子供の寝相が悪いこと悪いこと!

ちゃんと「川」の字になって子供を真ん中にして寝たんだけども。そうしないとベッドから落ちちゃうからね、子供が。
この川の字の真ん中の棒が自由すぎる。
なんで横90度に回転した後に、お父さんには踵落とし、お母さんにはヘッドバットを入れ続けるのか。
そんな桃太郎あるか? お爺さんが山で踵落とし、お婆さんが川でヘッドバット食らっておりました、ってストーリー展開ありえないだろ?

まぁそんなバイオレンス桃太郎をしながら、なんとか眠りについたわけで。
いや、桃太郎は元々バイオレンスか……。
そんな事はどうでもいい。ただビジネスホテルで殴られながら眠りについたという事実があればそれでいいから。うん。

早寝早起き

この弾丸日程は、すべてこの朝にかかっている。気合いの入りが違うよ、気合いの入りがね。
5:00 に起きて身支度をし、 5:30 には出発。
そんなプランよ。

と、いかにも前フリかのように書いたけど、なんてことはなくプラン通りに起きてプラン通りに出発してしまった。
わざわざバイオレンス桃太郎を演じてまで「寝坊しちゃったよー」なんて小ボケしてる場合じゃない。

5:50 には公園の駐車場に到着。
駐車場の開門待ち行列が、すでに伸びているのでスパッと並ぶ。みるみる後ろに連なっていく車列。

国営ひたち海浜公園の駐車場入場待ち
6:00 でこの有様



我々の前にはおおよそ 60 台。駐車場は 1500 台収容。とりあえず勝ち。
自転車に乗った警備のおじちゃんが拡声器持ってやってくる。
「本日は 6:30 に開門いたします」
やったぜ。

駐車場を開門するとは言ったが

公園を開門するとは言ってない!
そう、 6:30 に駐車場に入ったが、公園の開門は 7:30 なのであーる!

いや、まぁ薄々気づいていたけどね。
1時間子供の相手して遊んで時間を潰して。肩車してキャッキャ、芝生歩かせてキャッキャ、なんてやってたら1時間なんてすぐよね。

そんなこんなで7:30が到来。

ネモフィラは確かに良かった

丘一面がキレイな青で塗りつぶされて、空と陸との境界線をどこかに忘れてきたかのよう。キレイ。

ネモフィラ
びっしりとキレイな青

ネモフィラ
朝早いのでまだガラガラ

ネモフィラ
気合の入ったコスプレイヤーもいたり

ネモフィラ
帰る間際には人が結構増えていた

ネモフィラ
菜の花もあってコントラストが美しかったりもする


完璧に満開というわけではなかったので85点という感じではあったけどね。一度見てみたかったから、結構満足できたなぁ。
ただまぁ「なにかのついで」で見たい風景ではあるね。これのためだけに東京から苦労して見に行く必要は無いかな〜。

と、そんな感想を持ってしまう私のようなダメ人間向けに、ひたちなかにはもう 1 つ有名な観光スポットが!
ひたちなか海浜公園だけでは終わらない弾丸両方計画!

ネモフィラだけを見に来た

前乗りしたのも、 5:00 に起きたのも、すべてはネモフィラのため。ネモフィラを見れば他の場所に用はない。
いや、ひたちなか海浜公園はめちゃくちゃに広いからそんなこたぁないんだけど。
遊具とかもたくさんあって、子供連れて行くには良いところらしいんだけど。

GW だから。
忘れちゃいけないんだって、人出がめちゃくちゃ多いということを。

というわけで、ネモフィラを見たら即次の目的地、那珂湊おさかな市場へ移動。
7:30 に開門して、1時間ネモフィラ鑑賞して 8:30 に公園を退出。
まだまだ駐車場には入場の列ができているが、それを後目にビューンと退場。

8:45 那珂湊おさかな市場到着

公園を 1 時間で退出したせいか、なんの渋滞にもひっかからずに那珂湊の駐車場に入れた。事前に散々「渋滞がすごいから行くなら方法考えろ」と周囲から脅されていたので、結構拍子抜け。

事前に「市場寿し」という回転寿司が結構有名だということで、そこに行ってみようと決めていた。「どこだろうなぁ」なんて言う暇もなく、駐車場入り口のすぐ横に店舗があった。



開店は 10:00 という情報だったので、回転まで市場でぶらぶらするかなぁなんて思っていたら、なんとこの日は開店が 9:00 とのこと。あと 10 分で開店、という状態で入場待ちの列ができていた。すかさずシュタッと並ぶ。

なんと開店と同時に着席! 残り 6 席という状態で滑り込みセーフだった模様。
さーて、寿司だ寿司だ!

このお店の売りは、市場に揚がった新鮮なお魚が大ボリュームの貫になって出てくることらしい。
なるほど、確かに大きい。

値段は 120 円~ 400 円ぐらい。安くはない。
味はまぁまぁ。若干回転寿司チェーン店の銚子丸に負けるかなぁぐらいの味。値段も銚子丸と大差なし。
その代わり銚子丸よりネタが大きい。
ネタのバリエーションは少なめ。その日揚がったモノでなんとかやりくりしているんだろうね。

まぁネタの大きい銚子丸と思えば若干安いかな。
でもわざわざ東京から行くような所ではないなぁ。「なにかのついで」で来るなら良いところだけど。

はっ、つまり国営ひたち海浜公園と那珂湊おさかな市場で合わせ技一本ってことか?
両方あるからついつい行きたくなってしまう、それがひたちなかなのか!

10:00、帰路につく

お腹いっぱいになったところで、市場を散策。
ウニだカキだイクラだとおいしそうな物が比較的安く売っていてなかなか魅力的。
我々夫婦は、なんとびっくり、雰囲気だけ味わって何も買わずに退出!
そんなことあり得るだろうか? あり得るんですねぇ。

その後地元民に教えてもらった干物屋「大喜や」に立ち寄って、干物を買って帰ることに。



魚市場とは車で 10 分ぐらい離れた場所にあるんだけど、こっちはしっかりと安くておいしいという感じのお店で満足。みりん干しを買って帰る。

さて時計はまだ 10:00 前。
日も上がりきらないうちから、我々は岐路につきまーす。
ネモフィラを見て那珂湊に寄るという目的だけを達成する弾丸旅行だということが良く分かる行動指針ね。

GW まっただ中の常磐道上り線を夕方通りたくないから。ただそれだけ。
渋滞を避けるためだったら、なんだってする!

12:20、自宅到着

距離にして 165km を 2 時間で帰宅。小菅のあたりで少しだけ渋滞だったけど、せいぜい 10 分ぐらいかな。
両日通して、ほぼ渋滞なし、ほぼ駐車場待ちなし、ほぼ入店待ちなし、という GW にあるまじき快適弾丸旅行がここに完結なのであります。

そして我々夫婦は、前日バイオレンス桃太郎に散々頭突き&かかと落としを食らった関係で泥のように眠ったのでした。

ブログ内検索

ブログ アーカイブ

QooQ